東京都新宿区四谷のアルタイル法律事務所(弁護士法人)

文字大きさ

HOME | リンク集プライバシーポリシー

建築

取扱い業務

建築

 建築にまつわる問題については、解決手段として、示談交渉、裁判所の調停、裁判のほか、あっせんや仲裁といった様々な手段が用意されており、事案によりどの手段が適当であるかは異なってきます。また、建築士に同席してもらい、弁護士と建築士の協力の下解決を目指していくことも考えられます。

 どのような解決手段をとる場合であっても、建築紛争は、その内容がかなり専門的なものとなるため、適切な方針を立てられる弁護士は、極めて少ないのが現状です。

 当事務所の代表弁護士である藤井篤は、このような建築紛争につき、特に専門分野のひとつとして扱っている実績があり、法律相談センターでも長年にわたり建築専門相談を受けてきました。

 

【 これまでのご相談・ご依頼例 】

  ○「家を建てたが、最初にお願いした内容が全く反映されていない工事になっている」

  ○「リフォームを業者に頼んだが工事が杜撰なので、残代金を支払いたくない」

 又は

  ○「工事の一部を下請けに頼んだが、下請けがやった工事につき施主からクレームを受けた」

     家

このような場合、ぜひ当事務所にご相談ください。

 

▲ページの先頭へ