東京都新宿区四谷のアルタイル法律事務所(弁護士法人)

文字大きさ

HOME | リンク集プライバシーポリシー

相続

取扱い業務

相続

 人が亡くなり、相続人が複数いる場合、相続人と相続財産の範囲を確定した上、遺産分割をする必要があります。この時、相続人の間で、誰が、何を相続するのかについて、トラブルになることも少なくありません。

 また、このような相続にまつわるトラブルを未然に回避する方法として、遺言書を作成する方法がありますが、遺言書には厳格な要件が求められており、その要件を欠くと、遺言書が無効になるばかりか、新たなトラブルの種ともなりかねません。

 

【 これまでのご相談・ご依頼例 】

  ○「親族が亡くなったが、どの財産を誰が相続するかでトラブルになっている」

  ○「親族が亡くなったが、管理されていたはずの相続財産がなくなっている」

  又は、

  ○「遺言書を作成したいが、作り方やどのような条項を入れたらいいか分からない」

  ○ 遺言書の検認

 

 相続は、親族間の問題であり、当人同士で交渉するのがなかなか難しい場合もあります。

 家族の問題だからと躊躇わず、お気軽にご相談下さい。

▲ページの先頭へ