東京都新宿区四谷のアルタイル法律事務所(弁護士法人)

文字大きさ

HOME | リンク集プライバシーポリシー

土地・建物

取扱い業務

土地・建物

 土地・建物の売買や賃貸借の問題から土地の境界・道路にまつわる問題まで、土地・建物をめぐる法律問題は、古くから法的紛争案件における主要な位置を占めています。

 一方で、土地や建物の問題に関しては、多数存在する法的規制についてはもちろん、土地・建物売買や賃貸借契約、相隣関係の処理のあり方等、実情についてもよく知っていなければ、解決に向けた適切な方針は立てられません。

 不動産関係の問題や紛争案件が日々発生し、弁護士に相談に来るケースが増加しているにもかかわらず、この問題を全体として理解し、適切な方針を立てられる弁護士は、極めて少ないのが現状です。

 

 当事務所の代表弁護士である藤井篤は、このような不動産関係事件につき、住宅事業専門の生協で理事を務めるほか,法律相談センターでも長年にわたり建築専門相談を受けるなど、特に専門分野の一つとして扱っている実績があります。

 

【 これまでのご相談・ご依頼例 】

  ○「借地を買い取りたいが、どうしたらいいか分からない」

  ○「中古の家を購入する契約をし手付金を支払ったが、後から欠陥があることが分かった」

  ○「部屋を借りているが、家主から一方的に出て行けと言われた」

  ○「店舗に建物を貸しているが、公道にせり出して店の物を置いており近隣から苦情がきた」

  ○「隣に大きなビルが建設予定だが、そのビルが建つと日当たりが相当悪くなってしまう」

  ○「家を建て替えようとしたら、行政から法律上の制限があり出来ないと言われた」

 

 土地・建物にまつわる問題は、多くの場合高額なお金がかかわることが多く、トラブルが生じると深刻な事態に陥ることが少なくありません。

 トラブルを解決し、または未然に防ぐために、弁護士への早期のご相談をおすすめします。

 

▲ページの先頭へ